Top

風の谷の暮らし
by v-tae
最新の記事
雑草の中には
at 2014-08-24 11:06
続けること
at 2014-08-18 14:00
保存用の玉葱
at 2014-06-14 15:30
ここから!
at 2014-06-01 20:20
タイムの移植
at 2014-05-26 15:23
早生玉葱の収穫 2014
at 2014-05-25 08:55
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:風の谷の暮らし( 7 )
Top▲
タイムの移植
畑で育てていたタイムを株分けして、
家の花壇に植えた。

草と間違われて抜かれないように
羊の置物をおいたんだけど…

e0222163_1026628.jpg


「これじゃぁ分からんけん」と、おばあさん。。

次に見たときには、誰が見ても分かるようにと、
目印の棒がたててあった。

e0222163_1026854.jpg


何だか「人」っていう漢字に見えるのは私だけ?
こんなところも、おばあさんらしいなぁ。。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-05-26 15:23 | 風の谷の暮らし
風の谷
e0222163_1023159.jpg

春風が爽やかで心地良い季節

e0222163_1023378.jpg

用水路の脇の黄色の草花が
そよ風に吹かれて なびく

風の谷は、さわやかな春です。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-05-16 17:20 | 風の谷の暮らし
さくらんぼの贈り物
e0222163_10272755.jpg

真っ赤に実った さくらんぼ。。

雨が降る前に収穫して、
今年は寮で暮らす娘のところに贈る。

今、風の谷は さくらんぼの季節だよ。。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-05-14 12:25 | 風の谷の暮らし
走行距離20万キロ!
愛車の走行距離が、なんと20万キロを達成!!
e0222163_22183220.jpg


子どもが幼いとき、無いお金をなんとか工面しながら
やっと手にした新車の軽自動車。。

子どもを保育園に送ってから仕事に行き、
夜遅くに迎えに行くという日々を この車とともに過ごす。

子どもたちは、車に乗り込むとすぐに、
自分の話を聞いて欲しくて、次から次に話し出すから、
いつも車の中は賑やかだったなぁ。。

そうそう、子どもを叱るのも車の中だった。
逃げられないし、嫌でも話を聞くしかない・・・
子どもたちにとっては、天国と地獄の車中。。(笑)

20万キロの走行距離には、いろいろな思い出が詰まっていて、
どれもこれも懐かしい。。

子どもたちが、それぞれ巣立って行った今も
長男は自分の車を持っているのに、どこかに一緒に出かけるときは
なぜか、この車の後部座席に乗り込んでくる。

隣町で一人暮らしをしている次男は、話しをするのが面倒なのか、
迎えに行っても黙ってすぐ寝っ転がってしまう。
でもしばらくすると、いつも気持ちよさそうな寝息が聞こえてくる。

遠く岡山で寮生活を送る長女の迎えは、この車。。
迎えに行くと、いつもまんえんの笑顔で車に乗り込んでくる。
長女の特等席は助手席。。

楽しかったこと、嬉しかったこと、辛かったこと、悔しかったこと
いろいろな話を中国山脈の山々を眺めながら、互いに話す時間は
本当に幸せなひととき。。

長女を寮に送り届けて、ミラーごしに映る福山の夜景は
いつも涙でボヤけている。。(笑)


20万キロを迎え、いつもより念入りの車検を終えた愛車は、
新たにETCカードの機械を取り付けてもらって帰ってきた。

まだまだこれからもよろしくっ!!
[PR]
Top▲ by v-tae | 2013-12-13 16:53 | 風の谷の暮らし
竹のデッキ
「ベロニカの会」の活動の拠点、焚き火小屋。
そこの外流しにあるデッキは、食器類を干したりして使わせてもらっている。

その竹も長いこと誰も取り替えることなく、いたみが激しい。
7日のワークショップを前に、思い切って全部取り替えることにした。

e0222163_12374258.jpg


27日、雨が降るけど、山に竹を切りに行く。
根元の太さ20cmぐらいの 2、3年ものの竹を12本。

竹を切っては引っ張り倒して、真っ直ぐなところを長さ3mに切り出す。
これが竹が混み合っているので、結構大変な作業。。

そして、使わないところは適当な長さにして、葉のついている枝を落とし、
それぞれを分けて邪魔にならないように始末しながら作業する。


e0222163_1238555.jpg


30日、本業の予約が入っていないので、朝から作業開始。

デッキにあった古い竹を取りはらい、下に敷き詰めた瓦を綺麗に手入れする。
水道(地下水)の近くは我が家の手焼きの古瓦、あとは今はもう幻といわれる大津瓦。

綺麗になったところで、まわりの木々の手入れをして、いよいよ竹を置く。

手前から鉄の枠にピッタリ収まる、細めの竹を置く。
その竹を基準にして、右端に節目がくるように、根元と上の方とを交互に置く。

ある程度、置く竹が決まったら、右端を節目より4、5cmあけて竹用のノコギリで切る。
手前2m80cm、奥3mの長さに、左の壁がわの方で長さを調節していく。

全部置いて敷き詰めたら、見える右端の切り口をサンドペーパーで角取りする。
誰かが触れても切り口でケガをしないように、そしてやっぱり美容師としては
見た目綺麗!!が良い。。(笑)


e0222163_12382471.jpg


全部出来たところで、一本ずつ亀の子タワシで綺麗に洗う。

いや〜〜、青々とした竹のデッキ。。綺麗だーーっ!!
さてさて、これから夕方からのバイトです。。(笑)


*12/2 竹のベンチをデッキと修正しました。。

[PR]
Top▲ by v-tae | 2013-11-30 16:05 | 風の谷の暮らし
感謝の気持ち。。
e0222163_1213421.jpg

今日は2件のバイト先の給料日。。

嬉しいことに、早朝のバイト先のお給料に
年間皆勤賞という項目があった。。

朝のバイトというのは、出荷するものが大きくなるまでお休みで
出荷するようになると、日曜日以外15日間、お盆であっても正月であっても
毎日、朝の3時に起きて出勤。。

ひと昔前、キツイ、キタナイ、キケン、という職種を3Kといってたっけ。。?
早朝のバイトは、ほんと この3K。。
真冬で外に氷柱ができていても、バイトを始めると大汗をかくぐらいハード。。

それでも続けてこれたのは、もちろん賃金が、この田舎にしては高給なこと。
でも、それ以上に社長さんや従業員さん、バイトの仲間の人柄が良い。

そして、なんといっても母(おばあさん)が、家のことを全部してくれたお陰。。

そんな母に、年間皆勤賞でいただいたお金で
欲しいといっていた野良仕事用の長靴をプレゼント。。

突然のプレゼントに、おばあさんは。。
「あら〜これ履いて、まだまだ畑を頑張れってことだね。。」と、照れ隠しに言った。

そう言われてみれば・・
私から母へのプレゼントは、野良仕事に使うものばかり。。(笑)

美味しい野菜が食べたいから、これからも元気に野良仕事してください。。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2013-11-25 23:11 | 風の谷の暮らし
風の谷から
e0222163_2147489.jpg


風の谷の暮らしを

ゆっくり、のんびりと綴っていこうと思います。

どうぞ、気長にお付き合いください。。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2011-01-26 15:23 | 風の谷の暮らし
| ページトップ |