Top

風の谷の暮らし
by v-tae
最新の記事
雑草の中には
at 2014-08-24 11:06
続けること
at 2014-08-18 14:00
保存用の玉葱
at 2014-06-14 15:30
ここから!
at 2014-06-01 20:20
タイムの移植
at 2014-05-26 15:23
早生玉葱の収穫 2014
at 2014-05-25 08:55
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:焔のある暮らし( 14 )
Top▲
オープンサンド
e0222163_1191854.jpg

小麦と塩、水しか入ってないシンプルパンは、
どんな食材とも相性が良い。

e0222163_11916100.jpg

今朝は娘のリクエストに答えて、オープンサンドに。。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-05-06 13:15 | 焔のある暮らし
ガトーショコラを焼く
久しぶりにガトーショコラのホールを焼いてみました。
e0222163_9531525.jpg

ノブフェン窯には、21cmのケーキ型のサイズがギリギリ入るので、生地の膨らむことを考えて型の下に敷くの小石を敷いてインナーボウルがしっかり閉まればOK。。

e0222163_9531352.jpg

ケーキを焼く焔は弱火、ゆっくりと時間をかけて焼いていきます。

途中、生地はかなり膨らみます。
竹串を通して串に生地が付かなかったら出来上がり。

型から外して冷ますと、驚くほどケーキはへこみます。

e0222163_9531613.jpg

しっとり美味しいガトーショコラが焼きあがりました。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-04-16 22:38 | 焔のある暮らし
桜パン
e0222163_12271121.jpg
桜の花を見ていたら、
何だか桜パンが焼きたくなりました。

そんなとき、焚き火小屋を訪れて下さったお客様が、
食事の後に お抹茶をたてて下さいました。

それではと、いつものパン生地に
塩漬けの桜の花をまぜて
小さめに丸くまるめて焼いてみました。

小豆と桜の花を添えて。。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-04-04 22:35 | 焔のある暮らし
冬を楽しむ(スローなパン焼き)
e0222163_20304044.jpg

冬の間のパン焼きは、とてもスローなもの。。

夜に生地を仕込み、丸一日かけて一次発酵。
それでも膨らみが足りなければ、
生地の発酵に合わせて時間をのばす。

ゆっくりマイペースに発酵した生地を
さらに成形して二次発酵。
これも生地まかせ。。

半日以上かけて、ゆっくり膨らんでいく。

やっと焼けたパンは、
何だかいつもより優しい味がするのは気のせいかなぁ。。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-01-25 22:28 | 焔のある暮らし
パンのある朝食
寮でのいつもの朝食は、力が出るようにと ご飯が主食。
帰ってきたときには、娘を想い焼いたパンが主食。。
e0222163_1822497.jpg



スライスしたパンは、こんがりトーストしたり
娘の大好きなフレンチトーストにしたり。。
今朝は、おばあさんの野菜を乗っけてピザ。

e0222163_18222927.jpg




パンに合うように、野菜具沢山のミネストローネ。
これも、おばあさんの野菜ばかり。。
ソースも畑で育ったトマトをペーストして冷凍保存したり、
いつでも使えるようにストック。

少し酸味のきいたミネストローネは、
朝練で走ってきた娘のカラダに、スーッと溶け込んでくれるはず。。

e0222163_18224335.jpg




こちらは、薩摩芋と玉葱のポタージュ。。
自然の甘味は、疲れたカラダに優しく溶け込むはず。。

e0222163_18225733.jpg

娘の嬉しそうな顔と、食欲は
母をホッとさせてくれる。。

今夜は何にしようかな。。?
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-01-06 07:20 | 焔のある暮らし
山食パンが焼けたなら。。
e0222163_12471964.jpg
山食パンが焼けたなら
ぜひ、してみたいことがあると言う。。



熱々のパンを
e0222163_18142213.jpg




こうやって
e0222163_1814348.jpg




手で半分に割って
e0222163_10273976.jpg




ふんわり、ふわふわを。。
e0222163_18145891.jpg




パクンッと食べたかった!!
e0222163_10281279.jpg

美味しいっ!!
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-01-05 20:13 | 焔のある暮らし
今年も焔のある暮らしを。。
e0222163_18115898.jpg

2014年元旦。。

朝、氏子のお宮に、今年は久しぶりに長男と初詣。
去年のお礼と今年の祈念に出掛ける。
いつかは長男に受け継いでいくご挨拶。。
まだまだ未熟な親から、この子は何を感じているのだろう。。
母より、長く手を合わせる長男に、思わず目を細めてしまう。。

お宮から帰って、すぐにお寺にご挨拶。。
ここでは、いつも子どもらのことを気にかけて、優しい言葉をかけてくださる。
とくに娘のことを案じてくださる言葉に、思わず涙腺が緩んでしまう。。

お寺から帰って、今度は町内の新年会。。
お酒が飲めず、お酒の場が本当に苦手・・。
それでも、今年は自分からどんどん輪の中に入る。
これも、いつかは長男とバトンタッチする場。。
地元の方との交流を心がける。


そして、やっと明日帰ってくる娘にと、今年最初のパン焼き。
お陰さまで、こうしていつもの正月を迎えれたことに感謝。。
今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
Top▲ by v-tae | 2014-01-01 17:10 | 焔のある暮らし
山食パン
e0222163_22121693.jpg

久々に山食パンを焼きました。

山食パンの拘りは・・
ふんわり、ふわふわ。。(笑)

使う小麦粉は、キタノカオリ。


- 山食パン -
キタノカオリ 150g
小麦粉の酵母 35g
塩 ひとつまみ
水 90〜95g

・使う道具・
 小さなバウンドケーキの型
 ノブフェン窯
 ロケットストーブ
 薪
[PR]
Top▲ by v-tae | 2013-12-14 22:15 | 焔のある暮らし
くよし
ここらでは、草焼きのことを「くよし」といい、
雨降りの前の風がおちた夕刻には、
谷のあちこちで、待ってましたとばかりに「くよし」が始まる。
e0222163_181776.jpg


先日、竹のデッキを作ったときに剪定した木の枝や草を
数日間かけて広げて乾かしたものを、
畑の隅に集めて「くよし」をする。

火をつけ始めて数分・・、
太い枝や所々乾きの浅いところがあるからか、
それとも、火の付け方が下手なのか・・
母のようにパッと燃えない。

そして、ようやく勢いよく燃えてきたころには、
辺りは少し薄暗くなっていた。

ゆらゆらと揺れる炎を眺めていると、
やはり子どもたちのことを思い出してしまう。。
母親って、何でいつも子どもたちのことで
頭の中が、いっぱいなんだろうね。。

e0222163_18172588.jpg

「くよし」が終わるころの燠・・とっても綺麗。。

だけど・・、
眺めているなら薩摩芋入れときゃ良かった。。(笑)
[PR]
Top▲ by v-tae | 2013-12-03 18:17 | 焔のある暮らし
美味しい!の声が聞きたくて。。
夜、バイトから帰ってからのパン焼き。。
明日、娘に食べさせてあげたいから、遅い時間だけどパンを焼いた。

e0222163_11555338.jpg


夜になると、谷の風はより一層冷たい。
でも、ロケストの焚口に足を近づけていると、とっても温か。。

喜んでくれるかなぁ。。
美味しい!!っていってくれるかなぁ。。

喜ぶ娘の顔を想像しながら、のんびりパンを焼く。


e0222163_115525100.jpg


このパン、どうやって食べさせてあげようかな。。?

本当は、スライスしてチーズを乗っけて、トーストしてあげたいけど・・
娘との親子の時間は限られていて、場所も限られる。

いろいろ考えて、具材は井原で買ってオープンサンドに決めたっ!


e0222163_11564577.jpg


粉をかえてから、表面パリッと、中はふんわりの結構いい感じのパンが焼けた。
パンよ。。明日、やっと食べてもらえるね。。(笑)
[PR]
Top▲ by v-tae | 2013-11-02 23:56 | 焔のある暮らし
| ページトップ |