Top

風の谷の暮らし
by v-tae
最新の記事
雑草の中には
at 2014-08-24 11:06
続けること
at 2014-08-18 14:00
保存用の玉葱
at 2014-06-14 15:30
ここから!
at 2014-06-01 20:20
タイムの移植
at 2014-05-26 15:23
早生玉葱の収穫 2014
at 2014-05-25 08:55
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
その他のジャンル
"Flower2" Skin by Animal Skin
走る。
e0222163_18244063.jpg

帰省中も欠かさず、娘は走る。

次の目標に向かって、ただただ走る。

そんな娘たちを、
いつまでも、どんなときでも、そっと見守っていきたいと思う。
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2014-01-06 07:23 | Run
パンのある朝食
寮でのいつもの朝食は、力が出るようにと ご飯が主食。
帰ってきたときには、娘を想い焼いたパンが主食。。
e0222163_1822497.jpg



スライスしたパンは、こんがりトーストしたり
娘の大好きなフレンチトーストにしたり。。
今朝は、おばあさんの野菜を乗っけてピザ。

e0222163_18222927.jpg




パンに合うように、野菜具沢山のミネストローネ。
これも、おばあさんの野菜ばかり。。
ソースも畑で育ったトマトをペーストして冷凍保存したり、
いつでも使えるようにストック。

少し酸味のきいたミネストローネは、
朝練で走ってきた娘のカラダに、スーッと溶け込んでくれるはず。。

e0222163_18224335.jpg




こちらは、薩摩芋と玉葱のポタージュ。。
自然の甘味は、疲れたカラダに優しく溶け込むはず。。

e0222163_18225733.jpg

娘の嬉しそうな顔と、食欲は
母をホッとさせてくれる。。

今夜は何にしようかな。。?
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2014-01-06 07:20 | 焔のある暮らし
山食パンが焼けたなら。。
e0222163_12471964.jpg
山食パンが焼けたなら
ぜひ、してみたいことがあると言う。。



熱々のパンを
e0222163_18142213.jpg




こうやって
e0222163_1814348.jpg




手で半分に割って
e0222163_10273976.jpg




ふんわり、ふわふわを。。
e0222163_18145891.jpg




パクンッと食べたかった!!
e0222163_10281279.jpg

美味しいっ!!
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2014-01-05 20:13 | 焔のある暮らし
今年も焔のある暮らしを。。
e0222163_18115898.jpg

2014年元旦。。

朝、氏子のお宮に、今年は久しぶりに長男と初詣。
去年のお礼と今年の祈念に出掛ける。
いつかは長男に受け継いでいくご挨拶。。
まだまだ未熟な親から、この子は何を感じているのだろう。。
母より、長く手を合わせる長男に、思わず目を細めてしまう。。

お宮から帰って、すぐにお寺にご挨拶。。
ここでは、いつも子どもらのことを気にかけて、優しい言葉をかけてくださる。
とくに娘のことを案じてくださる言葉に、思わず涙腺が緩んでしまう。。

お寺から帰って、今度は町内の新年会。。
お酒が飲めず、お酒の場が本当に苦手・・。
それでも、今年は自分からどんどん輪の中に入る。
これも、いつかは長男とバトンタッチする場。。
地元の方との交流を心がける。


そして、やっと明日帰ってくる娘にと、今年最初のパン焼き。
お陰さまで、こうしていつもの正月を迎えれたことに感謝。。
今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2014-01-01 17:10 | 焔のある暮らし
想い出の写真
駅伝の全国大会のあとで、娘から手渡された荷物の中に
懐かしいこの写真が入っていました。
e0222163_2273533.jpg


写真といっても、写真を綺麗にコピーしたもの。。
それを思い切り元気良く飾ったものでした。

これは、珍しく娘と二人で写っているもので、
娘をギュッと抱きしめているこの写真を、長いこと大事に部屋に飾りながら、
辛く苦しいときに眺めては元気をもらってきました。

その支えになってきた写真を、娘が故障して思うように走れないとき、
そっと手紙に添えて送りました。
今度は あなたを支えてくれる番だと書いて。。

すると、大切な写真だということを知っていた娘が、手元にないことを
反対に心配してくれて、こんな形で返してくれたのでした。(笑)
走る意欲と、感謝の言葉を添えて。。

想い出の写真・・
形と居場所を変えて、ますますパワーを発揮しますように。。
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-12-23 20:05 |
準優勝 おめでとう!
e0222163_182329.jpg

2013年12月22日に京都で開催された全国高校女子駅伝
長女の学ぶ岡山「興譲館高校(こうじょうかん)」が
全国2位、10年連続表彰台(3位以内)に立ちました。

去年、初めて競技場でその様子を目にしたとき、
あまりの凄さに、ただただ感動。
競技場で選手のゴールを間近に見て
全国というレベルの高さと、感動を記憶したものでした。

今年はその感動を胸に、娘と同郷の先輩の選手と、
同じ学年の選手の二人の走りを
2区と4区間が見れる沿道に出て声援を送ることにしました。

そう・・ただただ子どもらと同じく、
優勝の二文字を信じて。。

沿道で間近に見る選手の気迫に満ちた走りは、もう言葉には出来ません。
どの選手も、今までの頑張りを今にぶっつけて
仲間を信じて、自分を信じて精一杯の走りをしています。

もの凄いスピードで走り過ぎていく選手の背に向かって
何度も何度も声をからしながら声援を送る・・
私たち親にはそんなことしか出来ません。

競技場に向かうタクシーの中、かかるラジオから
興譲館高校アンカーの選手が2位に上げ
準優勝でゴールテープを切ったのを聞き、
仲間のお母さんたちと感動の涙を分かち合いました。

この一年間、みんな本当に頑張りました。
そして、母さんたちにも感動をありがとう。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
駅伝の様子を さてもさんがブログに
そして、みんなの頑張りを
とんちゃんさんが掲示板に載せてくださっています。

とんちゃんさんの掲示板「興譲館高校陸上部OB会掲示板
   。。とんちゃんさん、いつもありがとうございます。。

さてものさんのブログ「未熟なカメラマン さてものひとりごと

平成25年度 全国高等学校駅伝競走大会:

NHKロードレースオンライン
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-12-22 22:05 | Run
希望という虹
e0222163_17573766.jpg

本業を終えて家路に向かう途中、
色鮮やかな虹が目の前に現れた。。
しかもはっきりとした二重の虹。。

e0222163_17575053.jpg

明日、全国高校女子駅伝の応援に京都入り。。
今年も表彰台に上がれますように。。と、
願ったそのときに現れた 色鮮やかな二重の虹。

この虹は希望の虹。
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-12-20 17:45 |
山食パン
e0222163_22121693.jpg

久々に山食パンを焼きました。

山食パンの拘りは・・
ふんわり、ふわふわ。。(笑)

使う小麦粉は、キタノカオリ。


- 山食パン -
キタノカオリ 150g
小麦粉の酵母 35g
塩 ひとつまみ
水 90〜95g

・使う道具・
 小さなバウンドケーキの型
 ノブフェン窯
 ロケットストーブ
 薪
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-12-14 22:15 | 焔のある暮らし
走行距離20万キロ!
愛車の走行距離が、なんと20万キロを達成!!
e0222163_22183220.jpg


子どもが幼いとき、無いお金をなんとか工面しながら
やっと手にした新車の軽自動車。。

子どもを保育園に送ってから仕事に行き、
夜遅くに迎えに行くという日々を この車とともに過ごす。

子どもたちは、車に乗り込むとすぐに、
自分の話を聞いて欲しくて、次から次に話し出すから、
いつも車の中は賑やかだったなぁ。。

そうそう、子どもを叱るのも車の中だった。
逃げられないし、嫌でも話を聞くしかない・・・
子どもたちにとっては、天国と地獄の車中。。(笑)

20万キロの走行距離には、いろいろな思い出が詰まっていて、
どれもこれも懐かしい。。

子どもたちが、それぞれ巣立って行った今も
長男は自分の車を持っているのに、どこかに一緒に出かけるときは
なぜか、この車の後部座席に乗り込んでくる。

隣町で一人暮らしをしている次男は、話しをするのが面倒なのか、
迎えに行っても黙ってすぐ寝っ転がってしまう。
でもしばらくすると、いつも気持ちよさそうな寝息が聞こえてくる。

遠く岡山で寮生活を送る長女の迎えは、この車。。
迎えに行くと、いつもまんえんの笑顔で車に乗り込んでくる。
長女の特等席は助手席。。

楽しかったこと、嬉しかったこと、辛かったこと、悔しかったこと
いろいろな話を中国山脈の山々を眺めながら、互いに話す時間は
本当に幸せなひととき。。

長女を寮に送り届けて、ミラーごしに映る福山の夜景は
いつも涙でボヤけている。。(笑)


20万キロを迎え、いつもより念入りの車検を終えた愛車は、
新たにETCカードの機械を取り付けてもらって帰ってきた。

まだまだこれからもよろしくっ!!
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-12-13 16:53 | 風の谷の暮らし
愛おしきもの
今年の暮れ、久々にワークショップを開くことになりました。
訪れてくださる人を思いながらの掃除。。
e0222163_22243375.jpg
けっこう無心になります。(笑)



e0222163_17414764.jpg
ホコリや泥や、灰で薄汚れた瓦の床。


e0222163_17421898.jpg
一枚一枚、丁寧にブラシでこすり、汚れを拭き取り、
綺麗に水拭きしていきます。


e0222163_22264745.jpg
ほら、こんなに色鮮やかに綺麗になりました。



e0222163_17424955.jpg

竹のデッキの取り替え作業に合わせて、
木々の剪定と小路の草取り。。

e0222163_17423294.jpg


ここは、自分探しを始めたころに
大勢の人たちと、その想いを共有しながら
ひとつひとつ自分たちの手で造りあげていったところ。

それだからか、愛しい。。

愛おしきものを無心で手入れする。
心穏やかなひととき。。
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-12-05 23:39 | 心象のスケッチ
くよし
ここらでは、草焼きのことを「くよし」といい、
雨降りの前の風がおちた夕刻には、
谷のあちこちで、待ってましたとばかりに「くよし」が始まる。
e0222163_181776.jpg


先日、竹のデッキを作ったときに剪定した木の枝や草を
数日間かけて広げて乾かしたものを、
畑の隅に集めて「くよし」をする。

火をつけ始めて数分・・、
太い枝や所々乾きの浅いところがあるからか、
それとも、火の付け方が下手なのか・・
母のようにパッと燃えない。

そして、ようやく勢いよく燃えてきたころには、
辺りは少し薄暗くなっていた。

ゆらゆらと揺れる炎を眺めていると、
やはり子どもたちのことを思い出してしまう。。
母親って、何でいつも子どもたちのことで
頭の中が、いっぱいなんだろうね。。

e0222163_18172588.jpg

「くよし」が終わるころの燠・・とっても綺麗。。

だけど・・、
眺めているなら薩摩芋入れときゃ良かった。。(笑)
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-12-03 18:17 | 焔のある暮らし
竹のデッキ
「ベロニカの会」の活動の拠点、焚き火小屋。
そこの外流しにあるデッキは、食器類を干したりして使わせてもらっている。

その竹も長いこと誰も取り替えることなく、いたみが激しい。
7日のワークショップを前に、思い切って全部取り替えることにした。

e0222163_12374258.jpg


27日、雨が降るけど、山に竹を切りに行く。
根元の太さ20cmぐらいの 2、3年ものの竹を12本。

竹を切っては引っ張り倒して、真っ直ぐなところを長さ3mに切り出す。
これが竹が混み合っているので、結構大変な作業。。

そして、使わないところは適当な長さにして、葉のついている枝を落とし、
それぞれを分けて邪魔にならないように始末しながら作業する。


e0222163_1238555.jpg


30日、本業の予約が入っていないので、朝から作業開始。

デッキにあった古い竹を取りはらい、下に敷き詰めた瓦を綺麗に手入れする。
水道(地下水)の近くは我が家の手焼きの古瓦、あとは今はもう幻といわれる大津瓦。

綺麗になったところで、まわりの木々の手入れをして、いよいよ竹を置く。

手前から鉄の枠にピッタリ収まる、細めの竹を置く。
その竹を基準にして、右端に節目がくるように、根元と上の方とを交互に置く。

ある程度、置く竹が決まったら、右端を節目より4、5cmあけて竹用のノコギリで切る。
手前2m80cm、奥3mの長さに、左の壁がわの方で長さを調節していく。

全部置いて敷き詰めたら、見える右端の切り口をサンドペーパーで角取りする。
誰かが触れても切り口でケガをしないように、そしてやっぱり美容師としては
見た目綺麗!!が良い。。(笑)


e0222163_12382471.jpg


全部出来たところで、一本ずつ亀の子タワシで綺麗に洗う。

いや〜〜、青々とした竹のデッキ。。綺麗だーーっ!!
さてさて、これから夕方からのバイトです。。(笑)


*12/2 竹のベンチをデッキと修正しました。。

[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-11-30 16:05 | 風の谷の暮らし
感謝の気持ち。。
e0222163_1213421.jpg

今日は2件のバイト先の給料日。。

嬉しいことに、早朝のバイト先のお給料に
年間皆勤賞という項目があった。。

朝のバイトというのは、出荷するものが大きくなるまでお休みで
出荷するようになると、日曜日以外15日間、お盆であっても正月であっても
毎日、朝の3時に起きて出勤。。

ひと昔前、キツイ、キタナイ、キケン、という職種を3Kといってたっけ。。?
早朝のバイトは、ほんと この3K。。
真冬で外に氷柱ができていても、バイトを始めると大汗をかくぐらいハード。。

それでも続けてこれたのは、もちろん賃金が、この田舎にしては高給なこと。
でも、それ以上に社長さんや従業員さん、バイトの仲間の人柄が良い。

そして、なんといっても母(おばあさん)が、家のことを全部してくれたお陰。。

そんな母に、年間皆勤賞でいただいたお金で
欲しいといっていた野良仕事用の長靴をプレゼント。。

突然のプレゼントに、おばあさんは。。
「あら〜これ履いて、まだまだ畑を頑張れってことだね。。」と、照れ隠しに言った。

そう言われてみれば・・
私から母へのプレゼントは、野良仕事に使うものばかり。。(笑)

美味しい野菜が食べたいから、これからも元気に野良仕事してください。。
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-11-25 23:11 | 風の谷の暮らし
2013県駅伝
数日前の電話で、「やっぱり駅伝が好き」と話してくれた娘は、
オープン参加で記録は載らないけれど
お世話になっている井原市の道を、感謝の気持ちで精一杯走ると話してくれた。

そして、沿道での声援を胸に競技場に帰ってきた。

e0222163_122499.jpg


競技場に響き渡る、興譲館のみんなの声援が
娘の心にも響く。

今日のこの日、走れたことに感謝。

e0222163_12293340.jpg

[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-11-03 20:07 | Run
手土産は、お弁当のおかず
e0222163_11305424.jpg

今日は岡山県高校駅伝の日。
集合時間に間に合うように、家を5時すぎには出る予定。。

・・と、その前に

娘と約束したお弁当のおかず作り。
母さんの味が、どうしても食べたいんだって。。(照れ笑)

本当は出来たて、ほっかほかを食べさせてあげたいけれど
食べるまでの時間を考えて、しっかり熱を通したものを保冷する。

だから、娘の好きなもので冷めても美味しいものを選んで、
定番の卵焼きと、秋におばあさんの畑で採れた薩摩芋の大学芋、
そして、おばあさんのカボチャの煮物をコロッケにしたもの。
女子校生のお弁当のおかずといっても、ほんと慎ましい。。

どんな顔して食べてくれるのかな〜。。
[PR]
Top▲ # by v-tae | 2013-11-03 03:28 |
| ページトップ |